収納

おもちゃ収納のアイデア集!子供を『片付け上手』に変身させよう♪

  1. HOME >
  2. 収納 >

おもちゃ収納のアイデア集!子供を『片付け上手』に変身させよう♪

モノが溢れかえっている現代。片付けれない大人が増えている中、

子供には怖い顔で『しっかり片付けなきゃダメ〜!』と頭ごなしに叱りつけていませんか?

汚いお部屋はお金が逃げると言いますがそれは子供部屋でも同じ事。

参考記事▶キレイなお部屋が節約に繋がるワケ

今回はママ必見の自然と子供が片付け上手になれちゃう『片付け力』を引き出すおもちゃ収納についてお話します。

お片づけに時間を使うなら収納改善に時間をかけようじゃありませんか!

ママも片付けがラクチン!時間も短縮で気分も晴れやかに過ごせますよ♪

おもちゃ収納はこうやって改善していく!

https://itmama.jp/2013/08/14/11175/

https://itmama.jp/2013/08/14/11175/

「こどもは遊びのプロ」と言うくらい何でもおもちゃにして上手に遊びます。しかし、お片づけは最初から出来るわけではありません。『片付けなさい!』と言葉で言うよりもママの行動で子供の『片付け力』を育てましょう。

『片付け力』を惹きだすおもちゃ収納の4つのSTEP

・こどもの遊びのクセを学ぶ

・おもちゃの断捨離

・収納の問題点を見つける

・こどもと一緒に収納場所を作り直す

この4つのステップを考えながらおもちゃ収納について学んでいきましょう。

おもちゃ収納の改善はこどもの遊びのクセを学ぶことから

https://www.todaysparent.com/kids/preschool/let-childs-bedroom-stay-messy/

https://www.todaysparent.com/kids/preschool/let-childs-bedroom-stay-messy/

人間いろんな人が居るのと同じでお子様の性格も様々です。小さなこどもでも几帳面な子もいれば大雑把な性格の子もいます。また、お気に入りのおもちゃばかりで遊ぶ子、まんべんなくいろんなおもちゃで遊ぶ子。

お気に入りや遊び方をしっかりと学び、
我が子のに合わせた収納方法を見つけてあげる事が大切です。

おもちゃの断捨離はゆっくりマイペースに!

https://www.parenting.co.uk/help/organisation-tips.cfm

https://www.parenting.co.uk/help/organisation-tips.cfm

お気に入りや遊びのクセがわかったらおもちゃの仕分けをします。

実はこのおもちゃの断捨離が収納改善で一番手間が掛かり、なかなか進まないステップだと言ってもいいかもしれません。ただ、ここで焦ってしまうとお子様が片付けギライになってしまう危険性も…。お子様のペースに合わせるということを徹底して進めていきましょう。

断捨離をするにあたり、おもちゃを捨てる捨てないの決定権はお子様に与えるようにしましょう。子供の意見を聞かずに親が勝手におもちゃを捨ててしまうと『必要なものも捨ててしまうかもしれない』と感じて片付けや断捨離に嫌悪感を抱く様になってしまうからです。

https://www.theguardian.com/direct-line-fixology/2014/sep/26/apps-to-keep-your-home-in-order

https://www.theguardian.com/direct-line-fixology/2014/sep/26/apps-to-keep-your-home-in-order

大人にとってはガラクタに見えるモノでも遊びのプロの子供からすれば立派なおもちゃですから必要なモノだったりするんですよね…(-∀-`; )

断捨離は大人でもなかなか実行出来ない人がいる位ですし、お子様の性格よっては『捨てる』というワードに拒否感を覚える子もいるでしょう。

https://jp.pinterest.com/pin/495818240200434475/

https://jp.pinterest.com/pin/495818240200434475/

まずは“大好きなモノ”、“大好きではないモノ”という分け方をしてみてもいいかもしれません。(後者には好きだけれど、大好きではないものも含まれます。)

まず少しでも仕分けが出来たら、“大好きではないモノ”から更に“要らないモノ”を分けましょう。

最初は全て要るモノと言うかもしれません。お子様は幼いながらに色々と考え、モノとの思い出を胸に未練を抱いていると考え暖かいココロで見守りましょう。

まず、お子さんの気持ちに引っかかるモノへの執着をひとつずつ取り去る手助けをします。壊れてて遊べないもの、パーツが揃っていないもの、年齢に合っていないもの、ひとつずつ説明をして、子供が納得したものから手放していきます。すぐにゴミ箱へというわけではなく「プラスチックとしてリサイクルされる」ことを説明したり、「おもちゃの病院させてあげる」など拒否感を抱かせない工夫も必要です。

断捨離についてはこちらの記事で詳しくお話をしましたが、大人だけでなく子供もおもちゃと向き合いながら断捨離を進めていくと気持ちよくおもちゃが捨てれる様になります!

参考記事▶モノと向き合いながら断捨離を進める方法

はじめにも言いましたが大切なのは慌てずゆっくりお子様のペースに合わせて進める事
無理強いをせずに必要、不必要の区別がつけれる様に親がサポートしてしていくことが重要です。

おもちゃ収納の問題点を探し出す

https://ameblo.jp/jincoro919/entry-11619478479.html

https://ameblo.jp/jincoro919/entry-11619478479.html

おもちゃ収納において、問題点を見つけるには誰か自分以外の大人に片付けをしてもらうと分かりやすいかもしれません。例えばママなら片付くけれど、パパがお片づけをしていて、おもちゃの片付け方に悩む様なら子供は自らお片づけが出来ません。
目指すは保育園や幼稚園のおもちゃコーナー。片付けやすく、出しやすい上にこどもの成長に合わせた収納であり、研究されつくした『片付け力を育むおもちゃ収納』になっています。

簡素で片付けやすい

高いところ、動かしにくいところにおもちゃを収納しない様にしましょう。
おもちゃ箱の更に奥に収納があったり、高いところに仕舞うおもちゃは大人でも片付けが億劫なものです。

オシャレ収納も時には実用性を欠いている場合がありますのでご注意を。

迷子にならない工夫

我が家ではお片づけを「おもちゃがおうちへ帰る時間」と言います。子供自身がおもちゃをおうちへ帰してあげるのに迷っては帰りずらくなってはいませんか?
いわゆる『なんでもボックス』式のおもちゃ箱も、数個あれば「いつもはどっちに入れていたっけ?」と迷う原因にもなります。子供というのは大人には分からないちいさなこだわりがあったりするものですよね(´∀`*)

おもちゃの量とスペース

当たり前のことですが、おもちゃが増えれば収納スペースも必要になります。
でも、収納スペースはどんどん増やすわけにもいきません。おもちゃ収納だけに限った事ではありませんが、お子様もママ自身もモノにおいてはスペース本位で考えるクセをつけるようにしましょう。(ママのお洋服も例外ではありませんよ〜!)

おもちゃはこのスペースに入る分だけと決め、おもちゃを新しく買う場合も先にどこに片付けるかをお子様と話し合ってから購入するといいですd(´∀`*)ネッ!

スペース本位の考え方が身に付けばおもちゃを手放すことへの拒否感も薄れてきます♪

子供と一緒につくる『おもちゃのおうち(おもちゃ収納)』

https://www.whattoexpect.com/toddler/photo-gallery/8-reasons-to-let-your-kids-get-messy.aspx#09

https://www.whattoexpect.com/toddler/photo-gallery/8-reasons-to-let-your-kids-get-messy.aspx#09

先に掲げた収納の問題点を踏まえながらおもちゃグループをつくり収納場所(おうち)を作ってあげましょう。

『〇〇コーナー』、『〇〇特集』、『○○の仲間たち』と子供に伝えると分かりやすいと思います。

ここでもお子様と一緒に相談し決めていきます。お子様の遊び方を考え、よく遊ぶものは出しやすい場所、遊ぶ場所の近くに置くなどの工夫を凝らして説明しながら促していきましょう。一緒に決めることで『片付けが自分のことである。』という自覚を持たせます。

進めていくと分かりますが、ブロック、おままごと、ぬいぐるみなど分かりやすいグループかと言えば全てがそうとは限りません。

キャラクターをあつめた引き出しにしたり、一緒に遊ぶグループでまとめてみたり、色んな角度からこどもの分かりやすい方法を探ってみてください。

ここまで進めてくるとそれでもグループにならないものが出てくる事に気づきます。

https://learn.flexport.com/how-to-import-toys-into-the-u-s/

https://learn.flexport.com/how-to-import-toys-into-the-u-s/

それでも何かのおまけだったり、拾ってきた貝殻など何にも属さないおもちゃの様なものがどんどん出てくるはずです。もちろんその居場所も作ること!出しっ放しになっていたり、曖昧になっているとあっという間にグループに入らないおもちゃたちで溢れかえってしまいます(;´Д`A 

我が家では最終的にグループ属さないおもちゃを「なんでもBOX」、遊ばないけれど思い出が詰まっているものを「たからもの箱」へ入れています。 スペース本位で考えるのでたとえモノが増えても、その箱を大きくしたり数を増やす事はしません。息子とのお約束で新しいモノが増えるタイミングで断捨離を行なうことになっていますが息子なりに色々と考え、箱の中のモノの順位を決めて手放せる様になりました。

おもちゃ収納においてもラベル収納術は有効です。

こどものお片づけの時間も短縮になり、やる気も上がる収納改善にはもっとも効果がある方法のひとつです!
ラベリングについても詳しく記事にしていますので参考にしてくださいね♬

参考記事▶収納ラベルでつくるモノ(おもちゃ)のおウチと住所

おもちゃ収納が子供の未来を変える!?

https://aspottedpony.com/for-moms/the-best-baby-shower-gift-fill-a-tub-with-mom-tested-baby-items-that-every-new-mom-really-needs/2652/

https://aspottedpony.com/for-moms/the-best-baby-shower-gift-fill-a-tub-with-mom-tested-baby-items-that-every-new-mom-really-needs/2652/

たかが収納と思うかもしれません。おもちゃ収納を改善する事により自然とモノを大切に出来る子に育ったり、筋道がしっかりと立てられる計画性を身につけたりと効果は『片付け力』だけにとどまりません。

片付けがしづらい、いつもぐちゃぐちゃの状態のおもちゃ部屋はただ、おもちゃの数だけあって身のある遊び方が出来ませんし、いつもパーツが少ない状態で遊んでいたり、本来の遊び方が出来ないおもちゃで飽きてしまったりするでしょう。次々と新しいおもちゃを欲しがる理由はそこにあるのかもしれません。

おもちゃを大切にする子は物を大切に、更にはお金を大切にする大人に成長するでしょう。

これを機にお子様と一緒に少しずつでいいのでおもちゃの収納についてお話を進めてみてはいかがですか?

-収納
-,

© 2022 家計すまいる Powered by AFFINGER5